竹あかりを新たな日本の文化に。

自分のまちは自分たちの手で照らそう。
そんな想いで始まった「竹あかり」。それから十数年・・・。
 
そのあかりは、人やまちの魅力や可能性を引き出し、
多くの出会い、繋がりを生んでくれました。
 
さらに、自然との共生の道筋を与えてくれました。
竹は、里山を守るため、放置竹林から伐り出された間伐材を使用します。そして、灯した後は、竹炭にして、土に還します。
 
美しさだけではなく、
「竹あかり」の物語を丁寧に広げていきたい。
 
CHIKAKENは、
「竹あかりが、新たな日本の文化」として根付くことを目指します。